スタッフインタビュー 営業部 高橋俊介さん|山形県・宮城県の新築にも。パネルヒーターとパネル冷房の設計 施工 修理の渡辺ヒーティング

ショールームの紹介

お問い合わせはフリーダイヤル【0120-623-606】まで!(受付時間:平日、午前8:30~午後5:30)

メールでのお問い合わせはコチラ

お客様サポート

メンテナンス依頼

ブログ

渡辺ヒーティングブログ

渡辺ヒーティングFacebook

会社概要

企業名

渡辺ヒーティング株式会社

代表

渡辺友洋

地図

大きな地図で見る

住所

〒990-0031
山形県山形市十日町3丁目1番48号

電話

023-623-6194

FAX

023-633-3454

電話受付時間

8:30~17:30

渡辺ヒーティング スタッフインタビュー

冷暖房コンシェルジュ 営業部 高橋俊介さん

夜だけ家が暖かければいい方には、個別暖房を提案します。

プロフィール ~もっと、知ってほしい私達のこと~
渡辺ヒーティング株式会社
高橋 俊介さん
出身地:山形市
1978年生まれ
好きな食べ物:肉・豆腐
趣味: サッカー・フットサル ・ショッピング

―高橋さんは、山形の冬を快適に過ごすための条件とは何だと思いますか。

リビングが暖かいことだと思います。リビングは家族が一番長い時間を過ごすところですから。特に冬は、自室が寒いとリビングに集まりますよね。人が集まっている方が暖かさを感じますし。
とはいえ、リビングだけ暖かくても他の場所での生活に困りますから、廊下や洗面所・脱衣所があたたかいと冬はうれしいですよね~。

―リビングに、パネルヒーターはぴったりの暖房だと思いますか。

はい。
パネルヒーターは風が出ない暖房ですから、音がないので家族みなさんでテレビや会話が楽しめると思います。

―あたたかい家をつくるために、お客様にどんなアドバイスをしていますか。

お客様の生活リズムに合わせてアドバイスをしています。例えば、共稼ぎのお宅で、日中は家に誰もいないから、夜だけ家が暖かければいい。寝室も、夜しか使わないからその時だけ暖かければいい。このような生活リズムの方でしたら、全館暖房はそんなに必要がないと提案します。エアコンのような個別暖房でいいと。無理にパネルヒーターを押し付けるわけではなく、お客様の生活リズムに合わせた暖房をオススメするようにしています。

お客様の生活リズムや部屋の広さに応じて暖房器具のご提案をさせていただきます。
お客様の生活リズムや部屋の広さに応じて暖房器具のご提案をさせていただきます。
熱源機のご提案もさせて頂きます。
熱源機のご提案もさせて頂きます。

ファンヒーターに慣れていると「寒いかな?」と初めは思いました
ファンヒーターに慣れていると
「寒いかな?」と初めは思いました。

―高橋さんは、パネルヒーターを初めて見たときどう思いましたか。

入社する前は、友人宅でパネルヒーターを見たことがあったくらいでした。実際にパネルヒーターによる暖房を体感したのは入社してからです。その時は正直「寒いかな?」と思いました。ファンヒーターによる暖房に慣れていたので。

―今現在、パネルヒーターへの印象は変わりましたか?

ずっとパネルヒーター暖房のところにいても、ファンヒーターの暖房のときに感じる不快感がありません。気分が悪くなるような。快適でいられますね。

―印象に残ったお客さんはいますか。

「パネルヒーターを設置したのに、寒い」との声をいただきました。

温水の温度を一気に上げると効率が悪くなり燃料代が高くなってしまうそうです。
温水の温度を一気に上げると効率が
悪くなり燃料代が高くなってしまうそうです。

―高橋さんは、そのお客様に対してどのように対応しましたか。

親身に対応させていただきました。
使い方の説明や温水温度の問題等の説明でお客様に理解していただきました。

―設計のミス以外で、お客様から「さむい」「燃費代がかかる」と声が上がったら高橋さんならどう対応しますか。

パネルヒーター暖房の設置がはじめてのお客様がほとんどかと思うので、使い方をもう一度説明して差し上げます。

併せて、今どのような状況で使っているのかも。
寒いと、一気に温度を上げるために暖房の強さを全開にすることがあると思います。じつは低い温度で回し続けていた方がお得になるんです。そのような使い方の説明をきっちり行うようにします。

―ご自分の評価はいかがでしょうか。

半分くらいしか、合格点は出せませんかねえ。笑顔でお客さんに接しているところは合格だと思います。

もっと気を付けたい点は、時代の変化に敏感でありたいところです。暖房事情はどんどん時代が変わっています。今は電気を使ったヒートポンプ煖房が主流になりつつあります。しかし昨今の社会情勢の変化などで、電気供給が不安定になることが懸念されています。電気を用いた暖房が続くかどうかはわかりません。別のものへ移行するかもしれません。違うエネルギーの暖房に移り変わるとき、切り替えがうまくできるか、という課題があります。かつて、灯油が暖房の主流だったときからオール電化に移行しつつあるときに、うまく流れに乗れなかったことがあるからです。同じ轍を踏まないように、時代の変化に敏感であるよう努力したいと思います。

―最後に、お客様へのメッセージをお願いします。

弊社は、自社で設計・施工・メンテナンスも行っているので安心してお任せください。

少人数の会社ですが、それゆえ社内の風通しはいいため、お客様への対応はなるべく早く行うようにしています。アフターケアもしっかりしています。

多少の変化もききますから。
わからないことがあれば遠慮なく聞いて下さい。

わからないことがあれば遠慮なく聞いて下さい。

※取材日時: 2012年12月
※制作:ハンズバリュー

ショールーム見学のお申込みはお気軽に!コチラからどうぞ▼

※お電話の前に必ずコチラをクリックしてください。
お問い合わせはフリーダイヤル【0120-623-606】まで!(受付時間:平日、午前8:30~午後5:30) メールでのお問い合わせはコチラ

▲このページの上部へ