お客様の声-渡辺夫妻|山形県・宮城県の新築にも。パネルヒーターとパネル冷房の設計 施工 修理の渡辺ヒーティング

ショールームの紹介

お問い合わせはフリーダイヤル【0120-623-606】まで!(受付時間:平日、午前8:30~午後5:30)

メールでのお問い合わせはコチラ

お客様サポート

メンテナンス依頼

ブログ

渡辺ヒーティングブログ

渡辺ヒーティングFacebook

会社概要

企業名

渡辺ヒーティング株式会社

代表

渡辺友洋

地図

大きな地図で見る

住所

〒990-0031
山形県山形市十日町3丁目1番48号

電話

023-623-6194

FAX

023-633-3454

電話受付時間

8:30~17:30

(左)渡辺正博様 (中)千恵子様 (右)渡辺ヒーティング株式会社 菊地氏

目次
  1. 渡辺様の紹介
  2. パネルヒーターを導入したきっかけ-燃料を使わない安全な暖房を探して
  3. 使ってみた感想-ここまであったかいとは思ってなかった
  4. 渡辺ヒーティング製品のいいところ
  5. 導入を検討している方へアドバイス-まずはショールームに行ってみてほしい
  6. 渡辺ヒーティングへの今後の期待とメッセージ

渡辺様の紹介

渡辺正博さん(63歳)、千恵子さんは、山形県山形市に2011年7月に家を建て、長女と次男の4人で暮らしている。 オール電化に経済的で快適なイメージがあったので、新しい家はオール電化にしようと決めていた。
住宅の施工中に、灯油などの燃料を使わない暖房を検討し始めて、今回、渡辺ヒーティングのパネルヒーターを導入した。

2011年に完成したきれいな住宅です ショールームで気に入ったスパイラルヒーター

パネルヒーターを導入したきっかけ-燃料を使わない安全な暖房を探して

-渡辺ヒーティングのパネルヒーターを知った経緯を教えて下さい。

最初、東北電力にどんな暖房がいいか相談してみたところ、地熱ヒーターや床暖房、パネルヒーター等の話を聞きました。
そして家の施工をしている工務店に聞いたところ、渡辺ヒーティングの事を教えてくれました。
山形市内にちょうどショールームがあったので、まずは一度行ってみる事にしました。

-なぜ暖房をパネルヒーターに決めましたか

ショールームで実際にパネルヒーターを見て、触って、じんわりとした暖かさが気にいりました。
手入れもそのまま拭き掃除ができるから楽だし、給油の手間がかからない。何より安全なのが一番です。
触っても火傷するほど熱いわけじゃないですからね。

-なぜ渡辺ヒーティングのパネルヒーターにしようと思いましたか

パンフレットだけでなく、実際にショールームで実物を見ることができたのが大きかったですね。
それに渡辺ヒーティングのスタッフが、親身になって相談にのってくれたのが決め手でした。
ショールームには2~3回行ったのですが、家の間取り図を持っていって、どこにどんなパネルヒーターを置けば、一番省エネで効果的かを丁寧に説明してくれました。

様々なタイプのパネルヒーターを実際に体感していただけます。 どんな些細なことでも、納得するまでご相談ください

使ってみた感想-ここまであったかいとは思ってなかった

-実際にパネルヒーターを使ってみた感想を教えて下さい

まず思っていたよりすごく暖かいと感じました。
パネルヒーターだけで、真冬でも室温が20℃くらいあるので、寒いと思ったことはないです。
ファンヒーターだと25℃くらいじゃないと寒い感じがするんですが、パネルヒーターは家全体が暖かくてムラがないんです。 正直いうと、ここまであったかいとは思ってなかったです。
それに、寒い外からお客さんが来て玄関に入った瞬間に「おっ、あったかいね。」と驚いてもらえます。
温度設定もまだまだあげられるので、もっと外気温が下がっても問題ないと思います。
冬の間は24時間つけたままなので全く手間がかかりません。特に朝起きた時や、脱衣所があったかいのはすごく嬉しいですね。 以前の住宅では、冬にはファンヒーターを使っていたんですが、灯油が切れると、寒い中いちいち給油していました。今思えば大変な手間でしたね。

脱衣所のパネルヒーターはタオルをかけて乾かせます 操作パネル。誰でも簡単に操作できます

渡辺ヒーティング製品のいいところ

-渡辺ヒーティングの製品のいいところを教えてください

1つ目は実際ショールームで見て触れるというところですね。

私たちは素人なので、パネルヒーターがどういう仕組の暖房なのかパンフレットを見ただけじゃ分からない部分もありました。
ですが、実際にショールームでパネルヒーターのあたたかさを体感したり、スタッフの方に暖房の仕組みを理解できるまで説明してもらったりしたので、安心できました。

窓の下に取り付けて冷たい外気を防ぎます 窓の下に取り付けられない場合は埋込み型もあります
住宅になじむようなデザイン性で、自由で効果的な設計が可能です。 外気もしっかりブロックします。

 

2つ目は導入後の対応もしっかりしているところですね。

2012年の正月に、パネルヒーターの圧力メーターが下がっていたんです。
暖房がうまく機能しているかどうかわからない状況でした。 自分でなんとかするのが不安だったので、渡辺ヒーティングに電話をしました。 そしたら、三が日だったんですがすぐに来てくれて、処置をしてくれました。 (菊地氏:シーズン中は無休で対応しています。 圧力メーターが下がると、暖房効果が多少落ちますが、暖房機能自体は問題なく使えるようになってます。
いつもとちょっとでも様子が違うとお客様は不安になると思います。 そんな時はどんな些細なことでも相談していただければすぐにお伺いします。)

玄関にあるパネルヒーターにはコートをかけて乾かす事ができます パネルヒーターの心臓部。屋外に設置されており、ここで温水を作り循環させます

導入を検討している方へアドバイス-まずはショールームに行ってみてほしい

-導入を検討している方へのアドバイスをお願いします

まずは、実際にショールームに行ってみるというのが一番です。 実物をみて、暖房のプロであるスタッフに相談してみる。家の間取り図を持っていけばどんな風に設置すると効果的か教えてくれます。

渡辺ヒーティングへの今後の期待とメッセージ

-渡辺ヒーティングに今後の期待やメッセージをお願いします。

もっとパネルヒーターが普及してほしいと思いますね。実際に使ってみると、じんわりとした暖かさが心地良いです。 それと、新築以外の住宅にもパネルヒーターを設置できるようになるのが、渡辺ヒーティングの課題になるのかなと思いました。
これからも困りごとがあればすぐに相談するので、よろしくお願いしますね。
(菊地氏:既存の住宅は断熱材が少なかったり、窓の性能が低い場合があります。そうすると、パネルヒーターのじんわりした暖め方が適さない場合があり、設置が難しい事があります。そういった点を改善していけるようにこれからもがんばります。これからもよろしくお願いします!)

-渡辺様、お忙しい中ご協力いただきありがとうございました。


記載されている情報は、いずれも取材時点のものです。

※取材日時:2013年6月

※制作:ハンズバリュー

ショールーム見学のお申込みはお気軽に!コチラからどうぞ▼

※お電話の前に必ずコチラをクリックしてください。
お問い合わせはフリーダイヤル【0120-623-606】まで!(受付時間:平日、午前8:30~午後5:30) メールでのお問い合わせはコチラ

▲このページの上部へ